転職で年収をアップさせる

給与が少ないから転職したい!それが理由ならエージェントに聞いて自分の適性年収を確かめよう

投稿日:

給与は高い方がいい?給与が少なくて引き起こされる問題とは?

給与が少ないと、正直仕事に対するモチベーションが低くなります。どんなに頑張っても、それが給与に反映されなければ、やる気を失うのは当然の事です。

例えば、営業職をやっていて成果を上げているのに、インセンティブがなければ、徐々にやる気もなくなります。どんな仕事をしていても、給与が上がらないという事は、会社が正当な評価をしてくれていないとも考えられます。たとえ上司が褒めてくれても、子供じゃありません。口で褒められたところで、喜ぶ社員はいますでしょうか。正当な評価は給与にも反映されて然るべきなのです。

また、どんなに頑張っていても事務職などは、縁の下の力持ち的な存在の仕事であり、なかなかその頑張りが金銭面での評価に繋がりにくかったりもします。年功序列の会社ならば、長くいればいるだけで、自動で給与が上がります。しかし、自動で給与が上がる会社ばかりとは限らないので、給与が上がらず、やる気がなくなってきたら、会社にも行きたくなくなるでしょう。

生活も一向に楽になりませんし、ただ、仕事だけしていても、潤いがもたらされないのです。ふとした時に自分の存在意義を考えてしまい、会社を辞めてしまいたくなる時もあります。

給与が少ない理由は自分の働き方が悪い?

給与が少ない理由は、会社の規模によるところもあります。やはり、大企業と中小企業であれば、ベースから違ってきます。中小企業が一概に給与が低いとは言いませんが、同世代の人の年収を平均してみてみると、やはり資本金の差によって、給与の差にも繋がっているところがあります。

中小企業では収益を上げづらかったり、安定しづらかったりするところもあり、ギリギリで経営している会社ともなれば、たとえその年に儲かったとしても、数年先の資金に回さなくてはならないので、なかなか社員に還元出来なかったりします。給与への反映もされにくいですし、大企業に比べ、中小企業は昇給額も少なくなります。

転職しても給与が上がらない人は、転職エージェントを利用していないから?

もしも今お勤めしている会社の給与が低く、納得していない場合は、転職をする事で給与を上げていける可能性もあります。ですが、転職できたからといって、確実に給与が上がるかどうかはわからないところもあります。その人の実績や経験により、その給与も決まってきますので、勢い良く辞めてから、転職活動するのは、あまりオススメ出来ません。

給与を上げたいのであれば、確実に給与が上げられるのかどうか、プロの意見を参考にした方が、より鮮明に将来像が見えてくるでしょう。その為には、まず転職エージェントなどに登録し、プロの意見を参考にする必要があります。

転職に失敗したくないならば、転職エージェントを利用する価値が十分にあるはずです。

給与が少ないからといって諦めなくてもいい?給与アップの為の転職の仕方

給与が少ないからといって、諦めないで下さい。今の会社で大幅に収入アップが見込めない場合は、転職をするのも1つの方法です。ただし、1人で転職活動を進めるのは少々危険もあります。

転職活動は長引けば長引くほど、本来の目的を見失いがちになります。特に収入アップの為の転職の場合、ただ目の前の収入だけに拘るよりも、転職する事で生涯年収が大幅にアップ出来るような会社を狙うなど、転職先をしっかり見極めなくてはなりません。

多少、給与が上がっても、同じような規模の会社に横移動するだけでは、あまり意味がありません。収入アップを見越して転職をするなら、長い目で見て、大企業を狙ったほうがより良い結果をもたらします。

そこで、転職エージェントの力を借りれば、収入の良い会社を見つけてきてくれますし、なかなか一般では募集していない大企業の求人情報を紹介してくれます。また、転職エージェントは、少しでも収入の良い会社を紹介したがる傾向があります。

働く人にとっては嬉しい事に違いないのですが、転職エージェントにとっても紹介手数料が想定年収によって決まる為、求職者に少しでも年収の良い会社を紹介したがるのです。 エージェントを利用して収入が上がるのは、こういうカラクリがあるからです。

転職後の自分はどうなる!?

転職後に給与が上がれば、仕事に対するモチベーションが上がります。世の中お金だけではありませんが、生活が潤いますので、ギスギスしません。収入よりやり甲斐に拘る人もいますが、たとえ仕事が大変であっても、その分給与が高ければ、どんなに仕事が大変でも我慢できるものです。

生活が潤えば、ケチケチ節約しなくても済みます。異性からだってモテるようになりますし、家族を路頭に迷わせる事もありません。
実際にアベノミクスの恩恵を受けたのも大企業だけです。富裕層に入るには大企業への転職が最も近道なのです。

転職で収入を上げ、今よりもずっと良い暮らしができるようになったら、多少辛い仕事さえも頑張って乗り切れますよね。

オススメの転職活動の方法

自分の希望の条件で転職するなら転職サイトの活用は必須です。でも「ハローワークにいい仕事はあるの?」、「転職サイトと転職エージェントって違うの?」など転職方法自体への疑問を抱く人は多いと思います。

そもそもハローワークとリクナビなど転職サイトの違い、メリット・デメリットをご存知ですか?

そんな方のためにハローワークと一般の転職サイトの違い、どのサイトならいい転職先を見つけられるか説明します!

自分にあった転職の仕方を知って、今より稼げる、人間関係のいい職場に出会いましょう!

理想の転職先を見つける方法。転職サイトとハローワークの違いは?

   

リクルートエージェント

リクルートエージェントは名前の通りリクナビで有名なリクルートグループのエージェント型で、圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。転職者の約8割がリクナビ経由と言われています。

過去の転職支援実績からの的確なサポートを受けることができ、より成功に近い転職活動を行うことができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーと面談を行う中で、自分自身がまだ気づいていない強味を発見することができ、異業種含め多方面のキャリアパスの提案を受けられます。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. リクルートが持つ圧倒的な求人数。スタッフのノウハウの多さで希望の仕事を見つけやすい
  2. エージェント型なので担当エージェントと話すことでより自分にあった仕事を探せる
  3. 未経験業界希望でも相談することでどうすれば転職できるのかアドバイスがもらえる

マイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通りマイナビのエージェント特化サービスで、リクナビ同様の圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。運用歴も長く転職実績も多くあります。

業界大手として求人情報サイトには掲載されていないような人事担当者や現場責任者の本音を聞くことができる。

エージェントを通じて自分からは聞きにくい事(年収や残業時間)を聞いてもらえたり、退職・入社の手続きのサポートをしてもらえる。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. 応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を受けられる
  2. エージェントを通じて事前に応募先企業の公開情報に載ってない詳細情報を教えてもらえる
  3. 担当者の方が親身に相談に乗ってくれて異業種への転職にも強い

-転職で年収をアップさせる

Copyright© 初めてのハローワーク!転職の流れと企業転職サイトとの違いを解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.