転職で年収をアップさせる

転職で収入を上げて安月給から脱出しよう!仕事で給与(給料)を上げるには

投稿日:

年収が周りと比べて低い、生活にゆとりがない、将来が不安、結婚できない・・・年収が低いと様々な悩みが発生してしまいます。

国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」によると、平成27年度の平均年収は420万円です。東京都の平均年収は624万円。さらに男性の平均年収が514万円、女性の平均年収が272万円で、男女格差があることがわかります。

1997年は467万円が平均年収でしたので、その時と比べると下がっていますが、年収を上げるためにはどのような手段があるか紹介します。

年収が上がらない、年収が低いことへの悩みや悪影響

年収が上がらない、低いとどんな悩みや悪影響につながるのでしょうか。

  • 生活が苦しい→いくら仕事が楽しくても生活が苦しくて、趣味にお金が使えなかったり、好きなものが買えなかったりすると、将来の漠然な不安にもつながります。
  • モチベーションがあがらない→仕事をやってもお金も上がらない、給料分だけ働けばいいやと諦めてしまいます。頑張っても給料が上がらなかったり、先輩たちも給料が低いようだとモチベーションは上がらなくなってしまいます。
  • 自分の市場価値が低いと自分の価値を過小評価し自信をなくす→自分の給料が低いと、他の人の昇格に嫉妬したり、大学の友人との給料差に愕然としたりします。そして、自分ってこんなもんだって諦めてしまったり自信を無くしてしまったりしていきます。
  • 結婚ができない→結婚してから家計をやりくりしていくことを考えると、安定してないからと理由で後回しにせざるをえないです。両親への挨拶にいくにも気がひけてしまいます。
  • 性格が悪くなる→だんだん会社勤めしながら、愚痴が多くなったり、人の足を引っ張ってやろうなど考えたり、若手をつぶしてしまおうと考えたり、給料分しか仕事はしなくていいやとネガティブな考えになってきてしまいます。

モチベーションが上がらず、性格さえ悪くなってしまうような負のサイクルに入る前に年収の低い原因を考えて対策していきあしょう。
 

年収が上がらない、年収が低い原因、理由

・仕事ができない
  単純に与えられた仕事を自分の力でやりきれるようにならないと年収はあがりません。目標シートなどがある会社ではその目標をクリアしなければ年収はあがりません。まずは与えられた仕事を完遂することが大切です。
・仕事への取り組み方
  目標達成だけが評価ではありません。給料を上げるには上司に可愛がられる必要もあります。すぐにレスをしたり、頼まれた仕事はすぐにやったり、他の人が残業していたら手伝ったりとそういう姿勢を見せて、印象をよくすることも重要です。
・残業をしていない
  単純に残業代で年収アップをさせることができます。それも一つです。仕事を巻き取って残業して年収をアップさせることも。
・年収レンジの低い会社
  会社によって年収の幅が決まっています。昇格のスピードや仕組みも会社に依存しますので、会社が年収レンジが低く、昇格のスピードが遅かったり、ポストが空いていなかったりすると年収アップは難しいでしょう。
・トレンドについていけていない
  必要なスキルは時代によって替わります。時代のトレンドをよんで、必要なスキルを身につけておくことも大切です。古い技術しか持ち合わせていなければ、年収は下がってしまいます。
・キャリアを積み上げていない
  キャリアを積み上げていかないと市場価値は上がりません。成功体験を増やし、アシスタント業務から担当者になり、リーダーになり、お金を管理するマネージャーになっていくなどキャリアを積み上げていくイメージを持ちましょう。

年収が上がらない、年収が低い影響

・家族(結婚・子ども)
  お金が安定していなかったり、生活が苦しいとなると結婚を躊躇してしまいます。女性も結婚する相手となれば、お金が安定している人の方がいいでしょう。子どもを育てるために贅沢をする余裕もなければ、子どもを作ることも後回しにせざるをえないでしょう。
・時間
  年収が低いと、副業をする人もいるでしょう。働きづめになってしまう可能性もあります。余暇を楽しむお金もなければ、余暇を家にひきこもるしかないなんてことも・・・。
・健康
  食費を抑えるために昼飯を抜いたり、夜を抜いたりして、健康面に害が出る可能性があります。

改善のための具体的な方法の種類、説明

・残業をする
 まず残業代が出る会社であれば、残業代を稼ぎましょう。
・副業をする
 フリーランスで収入を得ることを考えましょう。
・転職をする
 転職サイトに登録したり、エージェントに相談してみましょう。

転職後得られる結果、未来の姿

 年収をいくらまで引き上げたいかを考えて、作戦を練りましょう。
・年収レンジの高い会社への転職
 これは同じ職種や業界で年収の高い会社を受ければ、よいです。キャリアチェンジではないので、年収アップの可能性が高いです。
・スキルを身につけておく
 年収を上げるために、必要なスキルを身につけてから転職をすることもいいでしょう。英語が使えるだけで年収は上がったりします。
・キャリアを積み上げておく
 キャリアを積み上げて、市場価値を高めてから転職しても年収アップにつながる可能性があります。

自分に合った転職の作戦を考えて、将来への不安を払拭しましょう。その前に在職中にやれることはやっておくことが大切です。今給料が低くても、自信をなくすことなく前向きに年収アップの計画を立てましょう。

オススメの転職活動の方法

自分の希望の条件で転職するなら転職サイトの活用は必須です。でも「ハローワークにいい仕事はあるの?」、「転職サイトと転職エージェントって違うの?」など転職方法自体への疑問を抱く人は多いと思います。

そもそもハローワークとリクナビなど転職サイトの違い、メリット・デメリットをご存知ですか?

そんな方のためにハローワークと一般の転職サイトの違い、どのサイトならいい転職先を見つけられるか説明します!

自分にあった転職の仕方を知って、今より稼げる、人間関係のいい職場に出会いましょう!

理想の転職先を見つける方法。転職サイトとハローワークの違いは?

   

リクルートエージェント

リクルートエージェントは名前の通りリクナビで有名なリクルートグループのエージェント型で、圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。転職者の約8割がリクナビ経由と言われています。

過去の転職支援実績からの的確なサポートを受けることができ、より成功に近い転職活動を行うことができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーと面談を行う中で、自分自身がまだ気づいていない強味を発見することができ、異業種含め多方面のキャリアパスの提案を受けられます。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. リクルートが持つ圧倒的な求人数。スタッフのノウハウの多さで希望の仕事を見つけやすい
  2. エージェント型なので担当エージェントと話すことでより自分にあった仕事を探せる
  3. 未経験業界希望でも相談することでどうすれば転職できるのかアドバイスがもらえる

マイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通りマイナビのエージェント特化サービスで、リクナビ同様の圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。運用歴も長く転職実績も多くあります。

業界大手として求人情報サイトには掲載されていないような人事担当者や現場責任者の本音を聞くことができる。

エージェントを通じて自分からは聞きにくい事(年収や残業時間)を聞いてもらえたり、退職・入社の手続きのサポートをしてもらえる。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. 応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を受けられる
  2. エージェントを通じて事前に応募先企業の公開情報に載ってない詳細情報を教えてもらえる
  3. 担当者の方が親身に相談に乗ってくれて異業種への転職にも強い

-転職で年収をアップさせる

Copyright© 初めてのハローワーク!転職の流れと企業転職サイトとの違いを解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.