ブラック企業からの転職 転職で残業をなくす

激務の会社は転職しよう!仕事を辞めたいと思うその気持ちに嘘をつく必要はありません

投稿日:

今が普通なのではない!周りと見比べる広い視野も必要である。

仕事を辞めたいと思うことは悪い事ではありません。今は昔のような終身雇用が当たり前の時代ではないのです。ただ、ある程度今の会社に満足する部分もあるのであれば、もう一度良く考えた方がいいとは思います。

しかし、毎日が激務で自分の時間が全く取れないだとか、休みなく働いているのに残業代が全く出ないだとか、所謂「ブラック企業」に値する会社ならば、直ぐにでも転職を考える事をお勧めします。何故かと言うと、圧倒的にメリットの方が大きいからです。

ブラック企業に勤めている人は、思いたくなくても基本的にその会社が自分の中の基準だと思い込んでしまっています。毎日仕事は大変だけど他所も同じような所ばかりなのだろうと思い込んでしまい、なかなか転職に踏み切れない人ばかりなのです。

でも、実際にはそんな事はありません。今、これを読んでいる皆さんが思っている以上にホワイトな企業が沢山あります。現職を捨てて一からやり直すのが怖いと思うのは当たり前なのですが、一度広い視野を持ち、他社の情報を収集してみるのもいいのかもしれません。

一生に一度の人生を無駄にはしないで!

毎日の激務が辛い、上司からのパワハラが怖い、休みくらい友達と遊びたい、そう思いながら、毎日行きたくもない会社に行くこと程辛い事はありません。ただ、そう思えている間は、まだ大丈夫なのです。問題は、その毎日が続く事でどこかで必ず精神的な限界が訪れてしまうのが怖いのです。

現代病でもある「鬱病」という病があります。世間では賛否両論のある病ですが、一つ言える事はこの病で命を絶ってしまった人が何人も居るという事実です。自分は大丈夫だろうと思っている人が殆どかもしれませんが、精神病というのは兆候はあれど、行動は唐突に訪れます。転職に悩める状態の内に、行動をして、未来の自分をより良いものにする為に一歩踏み出す勇気が大切なのです。

転職先は何を基準に決めるべきなのか?

いくら転職をしたいと考えても、いざハローワークへ行ったり転職サイトを見たりしても、何を基準に転職先を決めればいいのかは案外難しいものです。

ここでは三つのポイントに絞って、どのような基準で転職先を決めると良いのかを記していきたいと思います。

一つ目は「自分の妥協できる事から消していく」です。
よく、自分の優先させたい条件で探せばいいと耳にしますが、それは難しいやり方です。給料がもっと欲しい、休みがもっと欲しい、営業は嫌だ等、自分の求める条件は沢山ありすぎるのです。ですので、一度自分の求める条件を紙に書き出し、その中から妥協できる条件から消していけば、最後に残った条件を優先項目として求人を探しやすくなるでしょう。

二つ目は「創業年数と従業員数には気をつける」です。
最近ではベンチャー企業として、若い企業が沢山求人情報に載るようになりました。これはとても良い事だと思います。しかし、若い企業は代表者も若い人が多く、従業員数も少数でパワフルな人間が多いのも事実です。勢いがある企業なので、プライベートよりも仕事を優先する社風が強いところ多く、結局は現状の激務と変わらないという事も起こりえてしまいます。

三つめは「常に掲載されている求人には気を付けろ」です
転職サイトを見ていると、いつ見ても求人情報を出している企業があります。それは何故かと言うと、社員の入れ替わりが頻繁である可能性が高いと言う事です。勿論そうでない企業もあるでしょうが、常に求人が掲載されている企業に転職をするのであれば、より入念に下調べを行う事を忘れないようにしましょう。

以上、三つのポイントから転職先を決める際の注意点を記しましたので、今後転職をお考えの際は是非、お役に立てて頂けたらと思います。

転職する事は自分の可能性を広げる大チャンスである

転職をするには物凄く勇気が必要です。今まで創り上げた人間関係も、覚えた仕事も全て捨て何もかもゼロから始めなければいけないからです。

しかし、転職とは自分の可能性を広げる大きなチャンスでもあります。企業とは常に新しい風を求めているものです。求人を出すという事は人が欲しいという事であり、来てくれる新人に期待をして待っているのです。

ですので、転職を考えているあなたが、新たな企業でまた一から頑張りたいと少しでも思えているのであれば、それは転職するべき大切な理由になるのです。

気持ちが切り替わる事で、環境ががらりと変わる!

転職をする事で得られる事は沢山あります。例えば、仕事内容が改善され自分の時間を持つ事ができる、残業代が支払われ金銭的な余裕ができる等です。しかし何よりも大きな事は、自分自身の気持ちがプラス面で切り替わるという事です。

人間とは不思議なもので、閉鎖的な気分や、不満を抱いたままの気分だと、プライベートでも何をやっても上手くいきません。しかし、それが逆になるだけで、仕事だけでなくその他何をやっても明るく楽しい時間を過ごす事ができるのです。

もしも、今あなたが暗く閉ざされた気持ちで居るのであれば、今を変える決断をする事で、見える世界ががらりと変わるのかもしれません。

オススメの転職活動の方法

自分の希望の条件で転職するなら転職サイトの活用は必須です。でも「ハローワークにいい仕事はあるの?」、「転職サイトと転職エージェントって違うの?」など転職方法自体への疑問を抱く人は多いと思います。

そもそもハローワークとリクナビなど転職サイトの違い、メリット・デメリットをご存知ですか?

そんな方のためにハローワークと一般の転職サイトの違い、どのサイトならいい転職先を見つけられるか説明します!

自分にあった転職の仕方を知って、今より稼げる、人間関係のいい職場に出会いましょう!

理想の転職先を見つける方法。転職サイトとハローワークの違いは?

   

リクルートエージェント

リクルートエージェントは名前の通りリクナビで有名なリクルートグループのエージェント型で、圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。転職者の約8割がリクナビ経由と言われています。

過去の転職支援実績からの的確なサポートを受けることができ、より成功に近い転職活動を行うことができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーと面談を行う中で、自分自身がまだ気づいていない強味を発見することができ、異業種含め多方面のキャリアパスの提案を受けられます。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. リクルートが持つ圧倒的な求人数。スタッフのノウハウの多さで希望の仕事を見つけやすい
  2. エージェント型なので担当エージェントと話すことでより自分にあった仕事を探せる
  3. 未経験業界希望でも相談することでどうすれば転職できるのかアドバイスがもらえる

マイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通りマイナビのエージェント特化サービスで、リクナビ同様の圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。運用歴も長く転職実績も多くあります。

業界大手として求人情報サイトには掲載されていないような人事担当者や現場責任者の本音を聞くことができる。

エージェントを通じて自分からは聞きにくい事(年収や残業時間)を聞いてもらえたり、退職・入社の手続きのサポートをしてもらえる。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. 応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を受けられる
  2. エージェントを通じて事前に応募先企業の公開情報に載ってない詳細情報を教えてもらえる
  3. 担当者の方が親身に相談に乗ってくれて異業種への転職にも強い

-ブラック企業からの転職, 転職で残業をなくす

Copyright© 初めてのハローワーク!転職の流れと企業転職サイトとの違いを解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.