転職で残業をなくす

残業が多いなら転職も1つの手。うつや過労死する前に

投稿日:

残業が多いのはつらいものです。こなせないほどの残業がある仕事に就いた場合、定時に帰宅することは夢といった状態になってしまいます。残業が続くとストレスが溜まってしまって、たまの休みの日は一日中自宅で寝て過ごすという人も多いのではないでしょうか。

職場と家を往復するだけの日々に、何のために生きているのかとさえ思えるなら、立ち止まって考えることも必要といえます。

自分の健康は大切

残業続きでは病気になってしまいます。自分の健康を犠牲にしてまで行うべき仕事はないといえます。病気になってしまっては本末転倒でしょう。一度損なわれた健康は取り戻すのは簡単なことではありませんので、大切なのは病気にならないように自己責任で働くところを選ぶということです。

残業が続いている場合、その対処法についてはいくつか方法があります。例えば、改善できる部分は改めて改善を図る、業務量について多い場合はできることとできないことをあらかじめ伝えておく、上司に相談するなどです。

そして、どうしても改善できないという場合、別の課への異動を希望したり、場合によっては職場そのものを検討することもあるといえます。まず、改善策を段階的に実施してみて改善の見込みがないと思ったら、早めに行動するというのも一つです。そこで、具体的な対処法について考えてみましょう。

残業の原因を探り、自主的に改善を図る

まず、残業が続くことに対し、自身で改善できない部分がないかどうかを考えてみましょう。自分の努力によって改善することができる部分については改善を図るという方法です。他の人は定時帰宅をしているのに自分だけいつも残業しているという場合などは自分自身に原因がある場合もありますので客観的に考えてみましょう。

仕事の効率性という点で、優先順位を間違っていないかという点や、性格的に頼まれると引き受けてしまうという場合には、そのことが原因となっているのかもしれません。残業を減らすという点ではそういった性格は好ましいとはいえず、自分を犠牲にしてまで「はい」と言い続けるということは長い目で見てもメリットにはならないといえます。

今日はできませんとあらかじめ伝えておいたり、理不尽な残業の依頼にははっきりとNoということも必要といえます。断る時には、社会人としての最低限のマナーから、明日ならできます、この仕事が一段落ついたら取り掛かれます、などの代替案を提示する姿勢を見せましょう。

上司などに相談をしてみる

残業の多さで、毎日終電になってしまうということが続いている場合、上司に相談するのも一つです。理解してもらえれば残業が減るかもしれません。しかし、上司も毎日終電まで仕事をしているタイプの人であれば、すんなりと理解してもらうのは難しいかもしれません。

上司が残業を続けている場合、自然に帰りにくい雰囲気ができてしまって、その中で一人だけ帰るのは困難といえます。自己努力によって改善することが難しく、皆が残業しているため、他の人に変わってもらうことがむずかしいですね。他の人が残業しているなら、すぐには帰れないのが当たり前という雰囲気なら、部署の変更を相談するのも一つです。

もし、可能であればパート勤務に切り替えてもらって、その上で定時に帰宅したり、出勤日数を減らすという方法なども検討してみることも一つかもしれません。パート勤務になると、責任とともに収入も減ります。そして、再び正社員になるのは難しくなります。

もし、ある程度の残業にきちんと手当が払われるのであれば、収入も増えるという利点もありますので、全くないと困ることがあります。お金のためと残業を割り切れれば気持ちの切り替えができますが、サービス残業となると話も変わってくるといえますので、その場合は転職も視野に入れて検討する人も多くいます。

改善努力をしたけれども効果がなかったという場合は転職も一つ

自身で改善できそうな部分についてはきちんと努力し、上司にも相談してみたけれども効果がないという場合、転職を考えるということも一つです。

しかし、求人票の残業時間の目安はあまりあてにならないという人もおり、求人票に残業ゼロと書かれていても、例えば、早朝出勤しないと仕事ができないようになっているというケースや、求人票では残業が少なくなっていても、実際に入社してみると実質的には毎日2、3時間の残業があるところもあるといわれています。

このように、なかなか求人票で実質的な残業の実態はわかりにくいものです。そんな時に役に立つのが転職サイトです。

担当してもらうスタッフに事前にお願いすれば、ある程度細かいところまで調査してくれます。自分で聞きづらいことを聞かなくてもいいというのはとてもメリットがあります。また、その会社で実際に働いている人の口コミなども教えてもらえますので参考になります。

自己努力で解決できない点については、段階的に対策を講じてみて、転職も選択肢に加えて検討していくと、残業がほとんどない職場を紹介してもらえるかもしれません。

オススメの転職活動の方法

自分の希望の条件で転職するなら転職サイトの活用は必須です。でも「ハローワークにいい仕事はあるの?」、「転職サイトと転職エージェントって違うの?」など転職方法自体への疑問を抱く人は多いと思います。

そもそもハローワークとリクナビなど転職サイトの違い、メリット・デメリットをご存知ですか?

そんな方のためにハローワークと一般の転職サイトの違い、どのサイトならいい転職先を見つけられるか説明します!

自分にあった転職の仕方を知って、今より稼げる、人間関係のいい職場に出会いましょう!

理想の転職先を見つける方法。転職サイトとハローワークの違いは?

   

リクルートエージェント

リクルートエージェントは名前の通りリクナビで有名なリクルートグループのエージェント型で、圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。転職者の約8割がリクナビ経由と言われています。

過去の転職支援実績からの的確なサポートを受けることができ、より成功に近い転職活動を行うことができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーと面談を行う中で、自分自身がまだ気づいていない強味を発見することができ、異業種含め多方面のキャリアパスの提案を受けられます。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. リクルートが持つ圧倒的な求人数。スタッフのノウハウの多さで希望の仕事を見つけやすい
  2. エージェント型なので担当エージェントと話すことでより自分にあった仕事を探せる
  3. 未経験業界希望でも相談することでどうすれば転職できるのかアドバイスがもらえる

マイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通りマイナビのエージェント特化サービスで、リクナビ同様の圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。運用歴も長く転職実績も多くあります。

業界大手として求人情報サイトには掲載されていないような人事担当者や現場責任者の本音を聞くことができる。

エージェントを通じて自分からは聞きにくい事(年収や残業時間)を聞いてもらえたり、退職・入社の手続きのサポートをしてもらえる。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. 応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を受けられる
  2. エージェントを通じて事前に応募先企業の公開情報に載ってない詳細情報を教えてもらえる
  3. 担当者の方が親身に相談に乗ってくれて異業種への転職にも強い

-転職で残業をなくす

Copyright© 初めてのハローワーク!転職の流れと企業転職サイトとの違いを解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.