転職で残業をなくす

残業の少ない会社へ転職する方法。仕事内容やホントに少ないか確かめるには?

更新日:

残業が多い人会社で働いている人は体的にも精神的にも大変辛い思いをしていますよね。毎日、朝早く出て行って、遅く帰ってきてすぐに寝て、また朝早くから仕事では、何のために生きているのか分からなくなってしまいます。少しは自分の時間を見つけてストレス発散をしなければ気が滅入ってしまうのではないでしょうか。

人間は必ず働かなければいけませんが、仕事ばかりでは辛いと思います。今働いている会社の残業が減る事が見込めないなら残業が少ないところへ転職という考え方もあると思います。

残業が少ない業種、職種

会社にもよるのですが、まずは残業が少ない業種や職種とは何かを知る必要があります。残業が少ないといわれている業種は、スポーツ、ヘルス関係、薬局、クレジット、病院、専門店、小売店が上げられます。

これらの共通する事は店舗をかまえ消費者に向けてサービスしていることが上げられます。営業時間が決まっているため、無闇に残業するという事が少ないからだと言われています。そして、これ以外にも残業が少なく休日が多い、夢のような職種に医療機器メーカーがあがっています。

医療機器メーカーは直行直帰の営業スタイルが多く、勤務時間が短いからだと言われています。そして、残業時間が少ない職種は一般事務と言われています。このほかにも通訳、オペレーター、秘書や受付が少ないという結果になっています。もし、転職を考えている人はこれらのデータに基づいて考えてみてくださいね。

転職先がホントに残業が少ないか確かめる方法

面接で残業がたくさんあるかを聞くのは勇気がいりますし、実際に入ってみないと分からないこともあります。ですが、一度入ったら簡単にやめてしまうのは避けたいと思っているはずです。

ですので、出来れば会社に入る前に知っておきたいというのが本音ですよね。そこで、会社に入る前に本当に残業が少ないか調べる方法は企業の口コミサイトを活用するという方法があります。企業の口コミサイトは実際にその企業で働いた経験がある人のリアルな体験談が書かれているので信憑性が高いものが多く、面接官に聞くよりも、正確に知ることが出来る場合が多いです。その会社に働いている人に直接聞くのは難しいのでこういった口コミサイトを利用する事をおすすめします。

改善するためにどのように仕事を探す事がおすすめか

転職する方法はたくさんあるのですが、求人の広告などを見て自分で探しても良いですし、転職サイトから見つけても良いと思います。ですが、最近の転職サイトはその企業がどういうところかアドバイスしてくれますし、もしかしたら残業がどれくらいあるかも説明してくれるかもしれません。

残業が嫌で転職するなら残業が少ない会社である事が条件だと思うので出来るだけ面接を受ける会社についてアドバイスをしてくれる方が安心して面接を受けることが出来るはずです。転職サイトから仕事を探す場合は残業が出来るだけ少ない会社が良いと正直に話すようにしてください。

残業が少ない仕事に転職したらこんなメリットが

もし、残業が少ない会社に無事、転職することが出来たらきっとあなたの負担はかなり減るでしょう。残業が長いということは体力的にも精神的にも大変な事です。

この多い残業がいつまで続くのか、一生なのか分からないのは精神的にも参ってしまいますよね。ですが、残業が少ない会社に転職できたら仕事が終わっても自分の時間を持つことが出来るので、生活にゆとりが出ます。ゆとりが出れば、心にもゆとりが出るのでイライラしなくなったり、精神的に安定します。

また、自分の時間が取れればその間に自分の好きな事を行いリフレッシュするので次の日から、とてもやる気が出るので良い仕事をする事が出来ます。心にゆとりがあるとそれが仕事にもつながるので残業が少ないという事はとても大事な事だと思います。

土日もしっかり休みがあれば、疲れを取る事もできますし、自分の好きなことにも時間がつかえます。意外と土日が仕事休みかどうかは大切で、仕事がないとそれだけで気持ち的に嬉しくなると思います。このように、仕事が多すぎると精神面に支障が出てしまうので出来るだけない職種をおすすめします。もし、転職を考えている人は、残業の有無を調べてみる事をおすすめします。

このように、残業が多い仕事をしている人が転職する場合はどんな職種が良いのか紹介しました。基本的に仕事は大変なのですが、同じ仕事でも残業があるかないかでかなり仕事の大変さが変わってきます。

そして、心にゆとりを持つためにも残業は少ない仕事をするのが一番なので、今の仕事が残業が多くてどうしようもならない人は転職を考えてみてはいかがでしょうか。今は転職サイトなど便利なサイトがたくさんあるので、まずはサイトを覗いてみて自分がいいなと思っている職種に転職する事をおすすめします。

オススメの転職活動の方法

自分の希望の条件で転職するなら転職サイトの活用は必須です。でも「ハローワークにいい仕事はあるの?」、「転職サイトと転職エージェントって違うの?」など転職方法自体への疑問を抱く人は多いと思います。

そもそもハローワークとリクナビなど転職サイトの違い、メリット・デメリットをご存知ですか?

そんな方のためにハローワークと一般の転職サイトの違い、どのサイトならいい転職先を見つけられるか説明します!

自分にあった転職の仕方を知って、今より稼げる、人間関係のいい職場に出会いましょう!

理想の転職先を見つける方法。転職サイトとハローワークの違いは?

   

リクルートエージェント

リクルートエージェントは名前の通りリクナビで有名なリクルートグループのエージェント型で、圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。転職者の約8割がリクナビ経由と言われています。

過去の転職支援実績からの的確なサポートを受けることができ、より成功に近い転職活動を行うことができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーと面談を行う中で、自分自身がまだ気づいていない強味を発見することができ、異業種含め多方面のキャリアパスの提案を受けられます。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. リクルートが持つ圧倒的な求人数。スタッフのノウハウの多さで希望の仕事を見つけやすい
  2. エージェント型なので担当エージェントと話すことでより自分にあった仕事を探せる
  3. 未経験業界希望でも相談することでどうすれば転職できるのかアドバイスがもらえる

マイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通りマイナビのエージェント特化サービスで、リクナビ同様の圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。運用歴も長く転職実績も多くあります。

業界大手として求人情報サイトには掲載されていないような人事担当者や現場責任者の本音を聞くことができる。

エージェントを通じて自分からは聞きにくい事(年収や残業時間)を聞いてもらえたり、退職・入社の手続きのサポートをしてもらえる。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. 応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を受けられる
  2. エージェントを通じて事前に応募先企業の公開情報に載ってない詳細情報を教えてもらえる
  3. 担当者の方が親身に相談に乗ってくれて異業種への転職にも強い

-転職で残業をなくす

Copyright© 初めてのハローワーク!転職の流れと企業転職サイトとの違いを解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.