転職で年収をアップさせる 転職で残業をなくす

転職したほうがいい?残業代が出ないのは当たり前じゃない!

投稿日:

残業代が出ない人の悩みとは?

残業代が出ないという人には、色々な悩みがあるといわれています。例えばどのような悩みがあるのでしょうか。

お金が貯まらない

残業代が出ない人の悩みとして多いのが、「お金が貯まらない」という悩みです。
残業をしているのでたくさん働いているのにも拘わらず給与に反映されない…ということは、それだけ給与も安いということです。
本来なら出るべきはずの残業代が出ないということは、それだけ給与も安いので、お金が貯まらないという悩みを抱えている方は多いのです。

身体が常に疲れている

残業を繰り返していることで、慢性的な疲れに悩んでいるという方も多いです。残業があることで、プライベートで休み時間を取ることができず、心身ともにクタクタになってしまう…そういった方はとても多いようです。

仕事へのモチベーションが下がる

人は、頑張った分だけ評価されたり、報酬に反映されると、それだけやる気が芽生えるものです。しかし、残業代が出ないことによって、仕事そのものへのモチベーションが下がってしまうことにつながります。このため、仕事にやる気が出ないので、悩んでいるという方は少なくありません。
残業代が出ないことによって、当初はやりがいを持っていた仕事にも情熱を失ってしまうという方は多く存在しています。

残業代が出ない原因にはどんな理由がある?

不況であるから

今は軒並み不況の時代であり、余裕のない企業が多いです。赤字経営であるという企業も珍しくありませんし、不況であるが故、残業代を支払う余裕がない会社もあります。景気の影響により、売上も下がり、その結果、社員の残業代を支払うことができないなど、影響が出てしまっているのです。

ブラック企業である

残業代が出ない理由として、その勤めている企業が「ブラック企業である」という理由もあります。優良企業と呼ばれている企業では、残業代がしっかりと出る会社もありますが、中には、残業代を鼻から払う予定をしていないブラック企業もあるようです。

企業の売り上げが芳しくなく、人件費を削減している

これは、不況であることと似た理由になりますが、企業の売り上げが芳しくないという理由があります。人件費などをなるべく削減しているという企業は多いですが、残業代をまずは不払いにしている企業も多いのです。

残業代が出ない影響にはどんな影響がある?

お金

残業代が出ないことによって、残業した分のお金が支払われません。このため、給与は実質安くなります。割に合わない…と感じることが多くなっていくといえるでしょう。お金が貯まらずに、低収入でやりくりをしなければならないサラリーマンの方も多いでしょう。

時間

残業をすることで、プライベートな時間は、どんどんと失われてしまいます。本来は、仕事の後は、自分の時間を過ごしたり、家族の時間を過ごしたり…とプライベートな時間を楽しみたいもの。しかし、残業が多くなることで、これらの時間は失われ、次第に仕事だけの人生になってしまいます。

健康

残業をすることで、慢性的に疲れている状態になります。若いうちは良いものの、疲れが溜まってしまい、健康を害してしまうことにもつながります。
病気をしてしまったり、ストレスから不調を招いてしまうという恐れもあるのです。

改善のためにはどうすればいい?

残業代不払いは、労働基準監督署に告発しよう

残業代が不払いの場合、労働基準監督署にまずは報告をしましょう。
なんらかの対応をしてくれる可能性が高いです。

上司に相談をする

勇気がいるかもしれませんが、思い切って上司に相談をしてみるようにしましょう。会社の体制といわれればそれまでですが、思い切って社長や上の人に話す機会があれば、話してみるとよいでしょう。

転職を考える

これは、解決策として現実的な解決策です。残業代が不払いの会社に長くい続けるのは大変です。このため、転職を考えてみるのも一つの方法であるといえるでしょう。

転職をすることでどのような未来がある?

転職となると躊躇ってしまう方もいらっしゃると思います。しかし、転職をすることで、残業代の出ない会社から逃れることでき、新たに一からスタートを切ることができる可能性があります。

また、転職を成功させ、キャリアアップを無事果たしているという例少なくありません。残業代が出ない会社で働き続け、神経を擦切らせるよりもここは転職に踏み切ったほうが得策である場合もあります。

たとえば、転職先が、残業代の出る会社であれば、今よりもずっと効率よく収入を増やすことができます。
また、残業が今よりも少ない会社である可能性もありますし、その場合には、プライベートの時間を増やすことができ、今よりも働きやすくなるといえるでしょう。

残業代が出ずに悩んでいるという方は、一度自分の未来のためにも、転職についても考えてみてはいかがでしょうか。

オススメの転職活動の方法

自分の希望の条件で転職するなら転職サイトの活用は必須です。でも「ハローワークにいい仕事はあるの?」、「転職サイトと転職エージェントって違うの?」など転職方法自体への疑問を抱く人は多いと思います。

そもそもハローワークとリクナビなど転職サイトの違い、メリット・デメリットをご存知ですか?

そんな方のためにハローワークと一般の転職サイトの違い、どのサイトならいい転職先を見つけられるか説明します!

自分にあった転職の仕方を知って、今より稼げる、人間関係のいい職場に出会いましょう!

理想の転職先を見つける方法。転職サイトとハローワークの違いは?

   

リクルートエージェント

リクルートエージェントは名前の通りリクナビで有名なリクルートグループのエージェント型で、圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。転職者の約8割がリクナビ経由と言われています。

過去の転職支援実績からの的確なサポートを受けることができ、より成功に近い転職活動を行うことができます。

経験豊富なキャリアアドバイザーと面談を行う中で、自分自身がまだ気づいていない強味を発見することができ、異業種含め多方面のキャリアパスの提案を受けられます。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. リクルートが持つ圧倒的な求人数。スタッフのノウハウの多さで希望の仕事を見つけやすい
  2. エージェント型なので担当エージェントと話すことでより自分にあった仕事を探せる
  3. 未経験業界希望でも相談することでどうすれば転職できるのかアドバイスがもらえる

マイナビエージェント

マイナビエージェントは名前の通りマイナビのエージェント特化サービスで、リクナビ同様の圧倒的な求人数とスタッフの質の高さがメリットです。運用歴も長く転職実績も多くあります。

業界大手として求人情報サイトには掲載されていないような人事担当者や現場責任者の本音を聞くことができる。

エージェントを通じて自分からは聞きにくい事(年収や残業時間)を聞いてもらえたり、退職・入社の手続きのサポートをしてもらえる。

転職を考えるなら必ず登録しておきたいサイトの1つです!

オススメ度!   
  1. 応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を受けられる
  2. エージェントを通じて事前に応募先企業の公開情報に載ってない詳細情報を教えてもらえる
  3. 担当者の方が親身に相談に乗ってくれて異業種への転職にも強い

-転職で年収をアップさせる, 転職で残業をなくす

Copyright© 初めてのハローワーク!転職の流れと企業転職サイトとの違いを解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.